kashihara-stc.com

NEWS RELEASE 新着情報

小学生テニス教室・ジュニアテニス活動・運営のアンケート結果 (速報)

4月の総会時に標記の件、小学生教室やジュニアを指導されているコーチ陣の高齢化(大半が70才台)が進み、クラブ員へのコーチ依頼の要請がありました。その後 いろいろな意見が出て、最終はクラブ員全員にアンケートを取って意見を集約し、今後の教室やジュニアの運営の参考にしていくこととなりました。

アンケートは男女計で50名から回答がありました。50名/53名で約9割強の回収率で、主な回答は下記の通りとなりました。

①コーチとしての協力は?   ・・・ 協力の依頼あれば 24名   率先して協力する 4名  協力難しい 14名

②協力できる頻度は? ・・・ 2ヶ月に1~2回 10名  月2~3回 9名  月1回 6名  ほぼ毎回 3名

③今後の運営はクラブとして、どうしていくのが良いか?   (複数回答可) 

   有志運営としコーチ不足なら他からも 32名  橿原クラブで運営し活動継続 13名  クラブ加入増の可能性ある社会人テニス教室を 8名  時期見て中止 3名

④自由意見

 クラブ練習と同じ時間帯で隣接コートで出来れば、コーチする人も増えるし社会人テニス教室も可能になるのでは。 現コーチ陣が引退すれば活動継続は困難に。 市からの助成金の大半をコーチ陣に還元を。 ボランティアの人が居れば継続、負担になるのでは中止に。 出来る人がやれば良い。 そもそも教室開始時に市からの説明や、クラブ員への説明があったのか?  将来のテニス愛好家の底上げに貢献できている。  テニス人口の増や中学部活への橋渡しに貢献している。  

このアンケート結果を受けて、クラブ理事会で今後の進め方を決めて クラブ員の皆さんに説明する予定にしています。  

  • Category:
  • Author:橿原ソフトテニスクラブ